日本の大企業とベンチャーの橋渡し役として、いま大注目の伊佐山元氏。アメリカで活躍し、昨年から早稲田大学で教鞭を執る気鋭の経営学者・入山章栄氏。2人は東京学芸大学附属高校の同級生。日本人の働き方はどう変わるか。どう変わるべきか。白熱対談120分!

大企業で眠っている人たちを外からシェイクする仕組み

【入山】伊佐山君は米大手ベンチャーキャピタルDCMで活躍した後、昨年、日本最大の3億ドル規模のファンドWiL(出資者はソニー、日産自動車、全日空など10社を超える大手企業)を立ち上げました。日本企業とアメリカ企業をよく知る立場から見て、両国の働き方はどこに違いがありますか。

【伊佐山】一番の違いは、「ヒト・モノ・カネ」の構造です。アメリカの場合、優秀な人がベンチャーを起こして、お金を呼び込み、成長したら売却して、またベンチャーをやるという地域が、シリコンバレーを筆頭に何カ所かある。ヒト・モノ・カネがベンチャーを通して回っている構造です。一方、日本は優秀な人の大半が大企業に集まります。たとえばソニーはマスコミにいろいろと叩かれていますが、いまでも優秀な人を採っている。日本はアメリカと比べてM&Aやベンチャーが少ないといわれますが、構造が違うからあたりまえ。大企業の中に優秀な人がいるのに、外から買う必要はないでしょう。

【入山】大企業に優秀な人が集まっているというのは同感です。とくにR&D部門は顕著ですよね。僕が三菱総合研究所で某自動車メーカーを担当していたとき、経営企画部に50代のベテラン社員が異動でやってきました。話を聞くと、少し前まで研究所でドアを開発していたという。つまりその会社では、研究所に優秀な人材が集まっていて、長年開発だけやってきた人がある日突然本社に異動させられ、経営企画をやっている。これは裏を返すと、優秀な人材を大企業が活かしきれていないということでもあるけれど……。

【伊佐山】そこが問題です。知恵やセンスがあっても、レイヤーが多すぎて潰されてしまいます。たとえば現場の課長から余計なことをするなといわれたり、予算がないからと押さえつけられてしまう。いま私たちがやろうとしているのは、そのレイヤーを取り除いて、駆け込み寺になってあげることです。

【入山】具体的にいうと?

【伊佐山】大企業は積み上げてきたブランド・エクイティがあるから、簡単に冒険できません。おもしろいアイデアが出てきてもボツになる可能性が高い。それならば、僕たちが代わりにそのアイデアにお金を出して実行してあげればいい。失敗したらWiLのせいで、企業はノー・ダメージ。うまくいったら、ビジネスとして買い戻してもいいし、独立企業として育てることもできる。大企業にとって僕たちは“都合のいいR&Dセンター”なわけです。

【入山】その仕組み、おもしろいね。

【伊佐山】豊富なリソースは眠っていますが、残念ながら大企業は自分で自分を変えられない。世界で勝負できるものを生み出すには、大企業を外からシェイクする仕掛けが必要です。

【入山】問題は、大企業で眠っている人たちを、どうやってその気にさせるのか。そこはどう考えていますか。

【伊佐山】たとえばシリコンバレーのうちのオフィスにレンタルできてもらいます。そこでいろいろやって様子を見た後、会社に戻るのか、ベンチャーでやるのかを判断してもらいます。まったく知らないベンチャーではなく、自分の会社の親戚のようなベンチャーにレンタルでいくので、最初のハードルは低い。もしダメだと思えば、元の会社に戻る道もあります。

【入山】撤退の道が確保されているのは重要です。世界各国の倒産法を比較すると、会社を潰しやすい倒産法を持つ国のほうが起業しやすいという研究があります。これは個人のキャリアも同じ。失敗しても次のビジネスに移れたり、前の会社に戻れたりするほうが、飛び出しやすい。

【伊佐山】アメリカ人はみんなリスクを取ってすごいといわれますが、向こうは失敗してもすぐ再トライできる環境があります。

【入山】そうですね。伊佐山君の大企業に向けたアプローチはわかりました。では、日本のベンチャー企業についてはどう見ていますか。

【伊佐山】国内路線が強すぎます。上場しても大半の時価総額は100億円以下。アメリカとは一ケタ違います。

シリコンバレーと日本の違いは「スタバ」にあり

【入山】日本のベンチャーの場合、まずは国内という考えが強い。

【伊佐山】その点でいうと、うちが出資したグミ(gumi)には期待しています。モバイルのゲームをつくっている会社ですが、売り上げの半分以上は海外です。社長もダイナミックで、外国語をマルチに操るタイプではないのに、中国やフランス、シンガポールなどに乗り込んで拠点を立ち上げています。彼は「俺は孫正義を超える」と大法螺を吹いていますが、それくらいの目線の高さは持っていたほうがいい。

【入山】伊佐山君はシリコンバレーの第一線で働いていました。シリコンバレーの強みはどこにあると思いますか。

【伊佐山】シリコンバレーと日本の違いについてよく質問を受けますが、最近の僕のお気に入りの答えは、「そこのスタバへ行けば、コーヒー一杯飲み終わるまでに答えがわかります」。シリコンバレーのカフェでは、起業家やベンチャーキャピタリストが日常的に会話をしていて、その中でビジネスの話が自然に生まれていきます。そうした空間がいたるところにあることが、シリコンバレーの強みですね。

【入山】日本は、逆の方向にいっています。たとえば横浜市は著名ベンチャー企業のカヤックを誘致し、助成金を出しているそうです。ところが、誘致したのは高層ビルの最上階。それを聞いて頭が痛くなりました。眺めのいいオフィスを提供するより、馬車道通りにイケてるカフェをたくさんつくってフリーWi-Fiにしたほうが、ずっとベンチャー育成に役立つ。

【伊佐山】インターネットが普及し始めた時期、シリコンバレーの一極集中が崩れるという議論がありました。世界中のどこにいても会話ができて、コードも書けるようになるから、分散に向かうというわけです。ところがここ5年で見ると、シリコンバレーの優位性はますます強まっています。特許数も、サンフランシスコとサンタクララで大きく増えています。

【入山】おっしゃるとおりで、僕もネットが発達するほど、人の近接性の価値はむしろ高まっていくと考えています。ネットで入手できる情報は誰でも手に入るから競争力につながらない。違いが出るのは、人と人のインタラクション。シリコンバレーの競争力の源泉も、まさにそこにある。

【伊佐山】そういう意味でいうと、東京はデカすぎる。もう少し小さな街単位で考えたほうがいい。たとえば渋谷は、「アイデア一発でデカい花火を打ち上げるぞ」というタイプの若い人が集まっています。ただ、40代は行きづらいので、新橋や虎ノ門あたりで、ビジネスの経験がある人たちが自然に集まれるような空間があるとおもしろい。

【入山】シリコンバレーは田舎であるということも強みかもしれません。少し車を走らせるとド田舎で何もなく、夜も早い。

【伊佐山】僕の場合、つねにアドレナリンが出っ放しの状況では、かえっていいアイデアが浮かびません。その点でいうと、オンとオフを切り替えやすいシリコンバレーの環境は最適。正直、東京は疲れます(笑)。

【入山】東京にシリコンバレーのような場所をつくるのは無理でしょうか。

【伊佐山】そこは発想を変えるべきです。逆にシリコンバレーに東京をつくってしまえばいい。税金を使ってどんどん人を送り込んでもいいし、私たちのようなやり方で人を送ってもいい。そこで吸収したものを日本に持ち帰ってもらえば、日本にとっても有益です。

【入山】経営学では、境界を越えて動き回る人のことを“バウンダリースパナー”といいますが、バウンダリースパナーを増やして日本を活性化させる戦略ですね。伊佐山君のように、シリコンバレーと東京を行き来して働く人が増えると、おもしろくなりそうです。

日本に足りないのは40代の「中年ベンチャー」

【入山】僕と伊佐山君は高校の同級生で、1972~73年生まれの団塊ジュニア。僕たちより若い世代はおもしろい人が多く出てきていますが、団塊ジュニアは数のわりに存在感が薄い。それについてはどう思いますか?

【伊佐山】大学の同期と話していると、みんな居心地がよさそうですよね。家族がいて、仕事でもそれなりのことをやらせてもらっている。そうなると、外で勝負したくてもできないのかも。

【入山】でも、伊佐山君も相当に恵まれた環境にいたわけですよね?

【伊佐山】僕は居心地がよくなりすぎると危機を感じる性格なので、飛び出しました。統計で見ると、アメリカは40代のベンチャー経営者が多い。日本も中年ベンチャーが増えてくればおもしろいのに、という思いはあります。

【入山】日本で中年ベンチャーが盛んになるにはどうすればいいでしょうか。

【伊佐山】一つ考えられるのは、若い起業家とのマッチング。若い起業家の中には、アイデアや技術力があるけど、大企業でビジネスをした経験がなく、名刺の渡し方一つよくわからないという人がけっこういます。そういう起業家と組み合わせればシナジーがある。

【入山】出口治明さんと岩瀬大輔さんのライフネット生命モデルですね。ただ、大企業の人は出る気になるかな。

【伊佐山】ベンチャー企業がいま年収1000万円もらっている大企業の人を採りたければ、同じ金額を払い、さらにストックオプションをつけてやる。そういう形でベンチャーに入り、成功して億万長者になる事例がいくつか生まれてくればおもしろい。身近なところでロールモデルができれば、一気に波が起きる可能性もあります。

【入山】最後にお聞きします。組織から飛び出してやっていく場合に、必要なスキルって何だと思いますか。

【伊佐山】一つあげるなら、コミュニケーション能力でしょうか。ビジネススクールに留学したとき、まわりはみんな優秀な人たちばかりで、最初は相手にされませんでした。でも、パーティーを企画して無理やりみんなと仲良くなった。先ほどの話とも関係しますが、ネットでいくら人とつながっても意味がありません。恥をかいたり嫌な思いをしながらも、人とつき合っていくことが、最終的には自分を活かすことにつながります。日本やシリコンバレーといった地域に関係なく、これはどこでビジネスするうえでも大切です。

WiL代表 伊佐山 元(いさやま・げん)
1973年生まれ。東京大学法学部卒業。スタンフォード大学MBA取得。日本興業銀行、米大手ベンチャーキャピタルDCM本社パートナーを経て、2013年より現職。著書に『シリコンバレー流世界最先端の働き方』。

早稲田大学ビジネススクール准教授 入山章栄(いりやま・あきえ)
1972年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。米ピッツバーグ大学経営大学院博士号取得。三菱総合研究所、ニューヨーク州立大学助教授を経て、2013年より現職。著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』。