念入りな下調べで致命傷を避ける

企業活動にとってもっとも大切なことの一つは、経営者の「決断」である。リターンを求めるためにはいつもリスクが伴うからだ。それゆえ事前の研究・調査の徹底性と慎重さが必要だ。とくに経営資源の限られた中小企業の場合はなおさらである。設備投資、新しい領域への進出……、悩みは尽きない。それが経営者の醍醐味であるといってもよいにしてもだ。

北陸・越前市でビニール袋など特殊包装資材の加工販売をしている豊ファインパックの田中利希也社長は、この春、久しぶりに地元の経営者仲間とゴルフにいき「田中さんが最近は仕事熱心であることがスコアにあらわれている」とからかわれたという。さんざんの出来だった。

この4年ほど田中社長は、海外展開に追われていた。そして今でも追われている。4年前、たまたま筆者の本を読んだ田中さんが大学の研究室に訪ねてきた。マーケットの拡大の難しさ、人材育成のことなど、あれこれ話しているうちに、「今度タイに進出している中小企業の聞き取り調査に行くけど、よかったら一緒にどうぞ」と誘った。「是非」ということで、バンコク郊外の日本から進出した精密切削加工や熱処理の工場を一緒に訪ね、現地での採用や営業の現実の聞き取りをした。

それから2カ月後、ベトナム・ハノイの工場の調査にも同行した。今度は、工場の設備の設計・製作のメーカーと、浄水器の組立工場だった。ここでも現地人の採用や、技術移転(仕事の教え方)、賃金など処遇方法、営業の方法、立地の選定とその価格、などを丁寧に取材した。

その後、田中社長は、今度は自分でタイやフィリピンなどを、公的なセミナーを利用したりしながら歩いてみた。田中さんの会社は社員13人の典型的な中小企業である。このサイズで海外展開を図る事例は少ない。リスクが大きすぎるのだ。しかし田中さんはあえてフィリピンへの進出を決断した。2012年の秋のことだった。

フィリピンがマッチした理由

タイは日本からの企業の殺到により、もう工業団地の家賃や地代が高騰しており、また人手不足の深刻化により賃金も高騰し、それゆえいい人材を求めにくいこと。それに対して、フィリピンは英語が通じること。失業率が高く人材が求めやすいこと。日本での取引先が工場展開をしていること。手頃な貸し工場がみつかったこと、などにより決断した。

また現地駐在員として英語のできる人間を新規採用し、日本の工場でトレーニングした。決定から半年後に工場を設営し、日本で使っていた簡単な機械類を運び込んだ。従業員を募集し、三人ほど雇い、駐在員と田中社長で現地工場を立ち上げた。日本ですでに取引のある会社への挨拶。会社案内をもっての未知の会社訪問。日本国内と異なり、どの会社も最初は苦労しているので新規参入にフレンドリーだ。とはいえすぐには仕事がないので、日本の一番易しい仕事をもってきて(つまり日本本社工場の下請け)、従業員に教えた。

田中社長は、各種の書類手続き(日本人向けのコンサルタントもいる)などもあり、立ち上げ時はフィリピン滞在が長かったが、いまでは月に一週間出張する程度である。筆者も2013年の夏の終わりに現地に訪ねたが、「今後、拡大するにしても工場が広すぎるのではないか」と思える大きさにびっくりして聞いてみたら、「フィリピンでもよい場所はどんどん塞がってしまっており、早く決める以外になかった」とのことである。

初期投資は大きいが伸びしろも大きい

田中社長が投資した時はまだ歴史的な円高から、やや円安にふれてきたとき(1ドル90円)だが、それでもいまから思うとよいときだった。

むろん苦労はある。経理事務を採用すると、彼(彼女)らは、事務所の掃除など絶対にしない。「それはメイドの仕事だ」と言い張るのである。たしかにフィリピンの社会風土はそうである。そのようなことを含めて、従業員に仕事を教える苦労や、定着させる苦労など、あれこれ聞きながら、でも「手の打ちようのある苦労」はできるものだ、と思った。

駐在員はセキュリティのしっかりした外国人向けのマンションに住み、田中社長は定宿ともいうべきホテルに泊まる。通勤はアセアンではどこでも同じだが、運転手がパッケージされたレンタカーを会社で借り切っている。

初期投資はけっこう大きい。しかし、それにもかかわらず仕事の開拓先はあるし、マーケットとしての伸びしろもある。またインドネシアやタイのように、年に50%もの賃上げが押し寄せたりもしない。

日本から海外に進出している中小企業の撤退率は3%から4%の間(「通商白書」2013年)である。事前の調査と、経営努力によって、生存率はけっこう高いといってよいだろう。

中沢孝夫(なかざわ・たかお)●福山大学経済学部教授。1944年、群馬県生まれ。高校卒業後は郵便局に勤務。全国逓信労働組合本部勤務を経て立教大学法学部に入学し、93年に卒業。姫路工業大学(現兵庫県立大学)環境人間学部教授、福井県立大学経済学部教授などを経て、2014年より現職。中小企業経営論、ものづくり論、地域経済論などを専門とする。社団法人経営研究所シニアフェローを兼務。主な著書に『中小企業新時代』『グローバル化と中小企業』『中小企業は進化する』『中小企業の底力』など多数。