プロ野球選手といえば、契約金や毎年の契約更改などで、「お金持ち」というイメージがつきまとう。しかも元モデルの奥さんといえば、どんなに華やかな生活だろうと誰もが思うだろう。

現れたキョウコさんは、3児の母とは思えない体形で長い脚に白いパンツがよく似合う。まさに元モデル妻という感じだが、話を聞けば聞くほど、非常に堅実で庶民的な奥様だった。

「買い物は値段が下がる夕方を狙って、スーパーに自転車で行くんです。新鮮な野菜は地元の商店街で買っています。『これ、おまけして』ってお願いしちゃうこともありますよ」

年俸は高いが、トレードされれば翌日から違う球団に行くことになり、すぐに引っ越しということもあるし、怪我などでシーズンを棒に振ってしまうこともある。

「怪我で年収が1000万円ぐらい下がったこともあります。翌年何があるかわからないのがこの仕事。年末になると税理士さんから節税のために500万円使いなさいなどと言われるんですが、子どものことを考えると、貯金しておきたい。そのせめぎ合いですね。世間が思うほど派手には使えません」

選手仲間には将来の生活設計を着々と進めている人もいるらしい。しかし現役のときは「せっかく好きな野球を仕事にしているんだから、野球だけに集中してほしい」とキョウコさん。

「交際費はかかりますね。年下の選手を焼き肉に連れていったりすると、すぐに10万円ぐらいはなくなる。後輩の年俸が上でも先輩がおごるのが流儀。カード明細を見て“あーあ”とは思うけれど口に出しては言いません。20万円ぐらいは常に夫のお財布に入れています。野球選手は現役を退いた後のほうが長いので、人脈を広げるため、付き合いは大事にしてほしい」

5歳年上の姉さん女房だ。出会ったときの彼は高校を卒業したばかりの新人でまだ10代。無愛想でごつい人というのが第一印象。でも「電話番号教えてください」とキョウコさんに積極的にアプローチしてきた。

「最初は世間知らずでビックリしました。私が年上でよかったなと思います。ただ父も野球を観なかったので、私は野球音痴。付き合うようになってから勉強しました」

交際3年で結婚したが、夫はほとんど家にいない仕事だ。

「1年の半分以上はいません。いてもナイタ―で夜遅くにしか戻れないから。子育ての協力はまったくあてにできないので、ひとりで3人育てています。結婚してまず栄養学を勉強しました。家にいないことが多いので、サプリを渡して自己管理をしてもらっています」

夫に土日の休みはない。家族でのお出かけはオフシーズンなのでディズニーランドも冬の寒い中しか行けない。

つらいのは、試合に出してもらえないとき、二軍落ちしたとき。

「どんなに夜遅く帰ってきても、必ず素振りをしている。家族が一番そばで努力を見ているので、本当に悔しいです。子どももテレビに出ないと寂しいって言います」

キョウコさんは心底悔しそうに言う。そこまで家族が一丸となって応援しないと、プロの選手は支えられないのだ。

「プロの選手の妻は世話好きじゃないと務まらない。夫にお世話してほしい人は無理だと思う。華やかな世界にいた人は退かないと支えられないと思います」

今、1年がかりで設計した億のつく豪邸を新築中だが、それも夫のためだ。

「夫ももう30代。いつ引退してもおかしくないので、これまで頑張った証しを残してあげたいんです」

あくまでも夫第一のキョウコさんだが、自身へのご褒美はあるのだろうか?

「子どもを産んだときにバッグを買ってもらいました。3人だからエルメスが3個。でも実用品の大きなバッグです。子どものオムツとかいっぱい入るのがいいんです。でも、小さなバッグを持って自分だけの用事で外出するのって憧れなんですよ」