介護DVがなぜ頻発するのか、を肌で感じた

突然寝たきりになったことに大きなショックを受け、落ち込んだ父(89)も、訪問入浴のサービスを受けた時は笑顔を見せました。暗く沈んだ父の気持ちをそこまで引き上げた訪問入浴スタッフの心のこもったサービスは、とてもありがたかったですし、感謝しました。

しかし、その反面、困ったことも生じました。訪問入浴が行われた時間は午前10時30分から11時30分まで。スタッフが帰った後はちょうどお昼ご飯の時間なので、その支度をしたところ、父は熟睡していたのです。

久しぶりに入った風呂で体はさっぱりし温まった。また、初めて経験した訪問入浴でもあり疲れたのでしょう。寝顔も安らかでしたし、このまま眠っていてもらうことにしました。

ところが、晩御飯の時間になっても熟睡状態は続き、声をかけても目を開けようとしません。

結局、日課になっている就寝前の血圧と体温を測る時間帯、10時すぎ寝室に行った時、やっと目を覚ましました。11時間近くも熟睡した父は、その夜、眠れなくなってしまったのです。

父の寝室は1階、フリーランスのライターである私の仕事場兼寝室は2階にあり、ドアを閉めれば大声を出しても聞こえません。父が私を呼ぶ時は携帯電話を使っていました。その夜の2時過ぎ、枕元の携帯電話が鳴りました。嫌な予感がしました。

「体調が悪くなったのだろうか」

何事かと思って1階に下りると、父は「眠れないんだ」と言います。体調の異変ではなかったと知った私は内心ほっとしながら、「昼間、あれだけ寝たんだから仕方がないよ。目をつぶっていれば、そのうち眠れるよ」と励まして2階に戻りました。

その1時間ほど後、また携帯が鳴りました。行ってみると今度は「血圧を測ってくれ」と言うのです。私は言われた通り、血圧と体温を測りましたが、とくに数値に問題はありません。

眠れないのがつらいのだなと考え、ラジオをつけました。老人に人気があるといわれるNHKの「ラジオ深夜便」を思い出し、これを聴けば気分転換になると思ったからです。が、その30分ほど後、また携帯で呼び出されました。「ラジオは聴く気になれないから、消してくれ」ということでした。

夜中の再三の「血圧測定」の要求に、「さっき測ったばかりだろ」

私にも眠れない夜を過ごした経験は何度もありますし、悶々とする夜の辛さは知っているつもりです。まして父は体の内部になんらかの異変が生じ、寝たきりになっているわけです。眠れぬ夜を過ごす間、さまざまな不安が去来していたのでしょう。

今思えば、血圧を測るという名目で私に救いを求めていたのかもしれません。だとしたら、ラジオなどつけずに、しばらく話の相手をするべきでした。

しかし、あの時の私は、そこまで思いが至りませんでした。私としては昼間は介護と仕事がある。夜はそれに備えて眠りたいわけで、起こされ呼び出されることに幾分腹を立てていたのです。

翌日の父はひと晩眠れなかったこともあり、元気がありませんでした。3度の食事はしたものの食欲は少なく、その間はうつらうつらしている状態でした。訪問入浴をきっかけに昼と夜が逆転してしまったのです。

その後も携帯への呼び出しは続きました。理由の多くは相変わらず血圧測定でした。介護のために会社を退職する人が多いと聞きます。私はたまたまフリーのライターという仕事だったことから在宅での介護ができましたが、生活のために仕事はしていました。

外出の自由が利かないため取材のある仕事は断らざるを得ませんでしたが、定期的に書かせてもらえる媒体はあり、その原稿の締め切りが迫っている時に頻繁に呼び出されると、さすがにイライラするわけです。

30分おきに呼び出されることもありました。処理しなければならない排便の始末ならまだしも「血圧を測ってくれ」という要求が重なると、「さっき測ったばかりだろ。測る必要ねえよ」などときつい言葉を投げかけることもありました。

介護がDVにつながることがよくあると聞きます。幸い我が家はそこまで至ることはありませんでしたが、そうした心理は分かるような気がしました。

このころの私は、今の事態をどう改善するかで頭が一杯でした。なぜ父が血圧の測定にこだわるのか。ふと思いつきました。医療の専門家に自身を診てもらえない不安があるのではないか、ということです。

深夜の血圧測定希望には意外な理由があった

父は突然からだの自由が利かなくなり寝たきりになりましたが、支えがあれば立つことはできました。それなら病院への通院はできるだろうとレンタルで車椅子も借りました。

寝たきりになった以後、一度車椅子で通院したことがあります。父は排尿障害があり、おしっこがしたくなった時は起きて尿道にカテーテルを差し込む自己導尿という方式で排尿をしていました。

しかし、それをすることも辛くなり、かかりつけの泌尿器科の医師に頼み込んで、バルーンをつけてもらうことにしたのです。バルーンは手術後の自由が利かない患者がつけることが多い器具で、尿道に管を差し込みビニールのバッグに自動的に尿が堪る仕組みになっています。

そのバルーンをつけてもらうために通院したわけですが、ベッドから車椅子、車椅子から自動車、自動車から車椅子に乗って診察室へ行き、帰ってくるのが思いの外大変で、父も私も疲労困憊しました。

バルーンをつけたことで排尿の心配はなくなりましたが、その一方で「通院は二度としたくない」ということになったのです。ということは、医療の専門家に診てもらえないということです。医療の専門家に診てもらえない不安を抱えつつ、通院は無理だという矛盾した状態になったわけです。

ではどうしたらいいか。

父の容態が悪化しているのは事実ですが、痛いところもなければ苦しさも感じていない。具体的にどこが悪いということがなければ入院して治療することはできません。

近所のかかりつけの医師にしても頼めば往診をしてくれますが、その病院は常に患者がいっぱいで、具体的な症状悪化が見られなければ往診を頼むのも気が引けます。療養型の病院に入院することも考えましたが、そこまでの事態には至っていないという思いもあり、在宅で介護をすることにしたわけです。

となると医療の専門家との接点はなくなり、それが父の不安につながり、「深夜の血圧測定」を求める原因ともなったのかもしれません。

最終的に、主任ケアマネージャーに相談したところ、訪問看護師さんを呼ぼうということになりました。

看護師は医師の補助をする役割ですが、医療の専門家であることは事実。看護師さんに診てもらうことは父の不安の軽減につなながるという思いに至ったからです。(次回に続く)