老後を安心して送るには高齢者住宅、介護施設、在宅介護サービスをじっくり吟味し、自らが選ぶ時代を迎えている。

高齢者が集うコミュニティ・カフェ

「お父ちゃんおかえり」
「あ、ただいま」

お客さまを出迎えるスタッフの山神明日香さんがかけた言葉に、少し恥ずかしそうな笑みを浮かべる男性客は、おそらく指定席になっている4人がけのテーブルに腰を下ろした。

「ランチでいいのかな。ご飯は大盛りにする? コーヒーは薄めのほうがよかったんやね」

男性の好みをわかっている山神さんの言葉にうなずくだけで、テーブルの上にお昼ご飯が用意された。

福岡空港にほど近い博多区月隈に12年5月に誕生したG・マザーズカフェ月隈は、高齢者を対象としたコミュニティ・カフェだ。モデルとなったのは、アメリカのシカゴにある高齢者専用カフェである。高齢者のためのスターバックスというコンセプトで、市内に3店舗を構えている。朝食をシティホテルや町のカフェよりも格段に安く(5ドル程度)おさえ、新聞や雑誌を取り揃えて何時間でも滞在できる。もちろん、コーヒー1杯でも利用可能で、ここにやってくる高齢者のコミュニティづくりに貢献している。

部屋の電球が切れたと聞けば、交換の手配を行い、仲間で旅行に行きたいという要望には旅行会社が駆けつける。フィットネスや歴史、映画鑑賞などのカルチャースクール、税金の申告に必要なパソコンの操作やフェイスブックの講座も用意されていた。

このカフェが人気を集めた背景には、日本と同じように高齢者の日常の暮らし方に変化が現れていることと関係している。アメリカでも老人倶楽部ははやらない時代になった。自分から進んで参加できるコミュニティを提供することによって、こうした高齢者のニーズをしっかりと掴んだようだ。

ケア21は、訪問介護事業、特定施設、グループホームなどを全国展開している介護事業者であるが、今回、新しいコンセプトで高齢者コミュニティづくりに挑戦している。

「押し付けるものではなく、高齢者の方が進んで参加できる場を提供したいと考えていました。自然発生的に高齢者が集えるような環境づくりを始めることが、これからの高齢者事業にとって必要な視点だと思います」

同社の依田平社長は、介護事業を運営してきたなかで、将来的に「介護」に繋がっていく場所の敷居を下げることの必要性を感じていた。参加型で高齢者自らが選べるサービスの提供がなければ、介護が必要になった高齢者に選ばれる事業者になれないという想いを強くもっていたのである。

G・マザーズカフェ月隈は、喫茶・レストラン部分の座席が40席、テラス席が13席あり、晴れた日には外でも食事ができる。教室、カラオケルーム、展示室のブースが用意され、新聞や雑誌が本棚に並んでいた。地域の人たちから本を寄贈してもらい書架も少しずつ充実している。

「外見は喫茶店ですが。中身はまるで違います。地域住民を巻き込んだ高齢者の生きがいを見つける場所として育てていきたいですね」と同社生活事業部の荻野龍哉さん。オープン間近の日常は毎日が新しいニーズの発見だと話してくれた。

カルチャー教室は、ハーモニカ教室、ピアノ教室、ストレッチヨガ、フラダンス、フラワーアレンジメント、カラオケ教室など20クラスを超える講座が運営されている。なかでも、韓流ドラマを字幕なしで見られるようになりたいという生徒が集まる韓国語講座に人気が集まっている。フラダンス教室では、食事に来ていた男性が、教室を見ているうちに参加するケースもあったそうだ。もちろん、カラオケの需要は高く、孫と一緒にやってくる高齢者もいる。講師募集や講座開講のノウハウは、企業秘密の段階であるが、生け花教室などははやらなくなっているそうだ。

「お茶を飲んで悩みを打ち明けて、みんなで話し合うような講座に人が集まっているのも、面白いですよね」と山神さん。1人で家に引きこもらない。ここに来れば、何かできることがある、という「場」が、高齢者にとって必要なことが明らかになった。