“学びと成長”がある職場──それがグローバルステージ(GS)の最大の特徴だ。同社では、社員に「きっかけとチャンス」を提供することで、独立起業の道を開き、グループ会社100社によるビジョンの実現を目指している。そのビジョンとは、「世界一夢を叶える企業になる」ことだ。

仕事を通じて磨く
ビジネススキルと経営感覚

「私が、グループ100社を目指す、と宣言したとき、周囲のスタッフはとても驚きましたね」と(株)グローバルステージの薄井隆博社長は笑顔で話す。

それも無理はない。2003年の創業から少したち、「100社100色プロジェクト」を宣言した当時、グループの企業数はまだ数社だった。それが現在、およそ20社に拡大。着実な増加ペースを見るとき、100社も夢ではなくなってきている。グループ起業の第1号、(株)エージェントの町田優樹社長は、自身の独立当時を振り返る──。

「私はもともと俳優志望。収入を得ながら、自分の夢とどうマッチングさせていくか。その答えがグローバルステージ(GS)にありました。新規事業開発支援や営業代行という仕事を通して、ビジネススキルと経営感覚を身に付けられる。映画制作という夢も、独立起業への推進力となりました。人の心を動かすことが求められる『営業』には、プロデュース力が必要です。エンターテインメントの世界と相通じるものがありますね」

さらに町田社長が「GSグループならでは」と指摘するのがサポート体制だ。

「会社経営にリスクはつきもの。しかしそれを最大限抑えられるのがグループの強み。資金・仕事面での支援のほか、さまざまな助言もありがたい。一人で起業するのとは、雲泥の差があります」

グローバルステージには、3つの独立支援制度がある。「キプロ制度」「エージェント制度」「3Y(スリーワイ)制度」だ。独立希望者はいずれかを選択する。(株)ESTATEの夜久昌滋社長は、グループ内で組織を構築する「エージェント制度」を活用し、独立した。

「グループ経営のメリットは、起業時から顧客の信用が得られる点。上場企業のお客様からも直接仕事の依頼が入る。これは、すでに実績のあるGSグループに所属しているおかげです。社員たちは皆、夢と目標を持ち一生懸命なので、社長である私も気が抜けない。また経営者仲間から学ぶことも沢山あります」と語る。

ESTATEを設立した2011年3月、東日本大震災があった。「この経験から、日々の幸せな暮らしのため、笑顔を増やしていくことが『夢』となり、事業の『目標』にもなった」と夜久社長は言う。

異業種での成功事例を
自社の経営に取り込める

一方、「サッカークラブ経営で地元貢献」を目指しているのが、(株)canteristaの平林正教社長。地元は京都府の京丹後市だ。同年代の経営者仲間でつくる「TNG(丹後ネクストジェネレーション)」を通じて、「30歳の成人式」など多様な地域活性化イベントを支援している。「地域の過疎化は全国的な課題。私は高校までサッカーをやっていた。それもあり、クラブチームを地元につくり、経済活性化につなげたい」と展望を語る。

その平林氏が感じるGSグループの魅力は信頼関係だ。「グループ内の社長同士のつながりが強く、腹を割って相談できる。『何が正解か分からない』とき、利害を超えて、アドバイスしてくれる」と、絆の深さを話す。

同じく「つながりの強さ」を強調するのが、(株)G-C.Factoryの林悠社長だ。「私は、一度起業して挫折した経験があります。その時思い知ったのが孤独のキツさ。GSグループには、支えてくれる仲間がいる。また人材育成と会社運営の仕組みが学べる。これは大きいですね」。

以前、バンド活動していた林社長。「音楽などの文化事業を奨励する仕組みもつくり、事業の一環とすることで、経済成長に貢献したい」と抱負を語る。

そして(株)Global Agentの小倉洋祐社長が語るグループの良さは、「異業種の情報が得やすい点」だ。「違う業種で活動するグループ他社から、成功事例が直接聞ける。自社マーケットにも適用できないかなど、失敗しがちなケースも含め、他の社長から学べるため、経営計画が立てやすい」と強調する。

100社100色──各社が得意とする分野は異なる。小倉社長が言うように「異なる業種・業態の“現場”から得られる知恵」は、そのままのビジョン実現への道を開く。グループ各社の社長は先頃、東南アジアで事業化調査を行った。全国へ、世界へ。夢の舞台は広がっている。

GSグループの社長が語る
「我が社の強み」

町田優樹●まちだ・ゆうき(1980年生まれ)
株式会社エージェント/東京都品川区
新規販売チャネルの開拓、個人・法人へのダイレクトセールス、各種代理店業務など


「結果力」で高い評価──複数の事業者が同じ業務に取り組む案件において、短期間で「シェア1位」を獲得するなど、高い「結果力」で評価をいただいています。加えて、継続的な受注につながる、高い「営業品質」も当社の強み。「営業研修」をコンテンツとしたコンサルタント会社との提携業務や、顧客企業との共同プロジェクトなども積極的に展開中です。現在、社員は約60名。独立希望者には起業へのサポートも行っています。

夜久昌滋●やく・あつし(1982年生まれ)
株式会社ESTATE/千葉県船橋市
営業代行事業、アウトバウンドコール事業、セールスプロモーション事業、不動産関連事業など


「0を1にする」根気強さ──1を2にするのはそれほど難しくない。しかし0を1に変える、「無から有を生み出す」には相当な力と技術を必要とします。私たちは厳しい営業という世界で、ゼロの地平から一つ一つ新規マーケットを開拓していく。この根気強さと粘りを特徴としています。困難な仕事でも率先して着手する。クライアント様やお客様、そしてメンバーの「笑顔」。そこに0を1にする、原動力があります。

平林正教●ひらばやし・まさのり(1982年生まれ)
株式会社canterista/大阪府大阪市
サッカーを軸とするスポーツ関連事業、地域貢献サービス、営業代行事業など


「感謝」の心を忘れない──私は日々の“報連相メール”を心がけています。また社外のお客様に対しても、常に「感謝」の心を込めてサポートを差し上げる。この「for you精神」が当社の理念であり、私自身の生き方といえます。出身地である京都府京丹後市の活性化へ向けた活動を地元有志で結成した団体「TNG(丹後ネクストジェネレーション)」と連携しながら進めているのも、地元への感謝の念が出発点です。

林 悠●はやし・ゆう(1983年生まれ)
株式会社G-C.Factory/宮城県仙台市
営業代行事業、アウトバウンドコール事業、飲食業コンサルティングなど


人財を生かす「仕組み」──当社のロゴマークは「歯車」をモチーフにしています。「G-C.Factory」が歯車となって地球を回す。文化活動の支援なども含めて、経済システムのサイクルを回す。それが当社の理念であり、目標とするところです。営業代行やコンサルティングでも、ポイントとなるのは課題解決のための「仕組み」づくり。いかに「人財」を生かすか。ゴールへの道筋をどう組み立てるか。ここに当社の事業の力点があります。

小倉洋祐●おぐら・ようすけ(1983年生まれ)
株式会社Global Agent/福岡県福岡市
新規事業立ち上げ支援、営業部門のコンサルティング、海外事業の支援業務など


「提案力」で利益に貢献──当社の本社は福岡市ですが、大阪にも拠点を展開。西日本地区を主な活動エリアとしています。グループ企業間の情報交換をもとに、市場トレンドをつかみ営業戦略を組み立てる。現場でつかんだ“温度感”を、市場リサーチのデータに反映させる。こうした「提案力」が、クライアント様からの支持につながっています。私自身、営業現場が大好きなので、常に現場の眼で、事業や市場を見ていくように心がけています。