いよいよ中学受験シーズンがやってきた。関西や埼玉・千葉地域では本番まで残り1カ月前後。2月1日からの東京・神奈川地域でも残り約40日。わずかな日数だが、この年末年始の母親の対処次第で「子供の偏差値が急上昇するミラクルも起きれば、その逆もある」と語るのは、進学塾「VAMOS(バモス)」代表・富永雄輔さんだ。
わが子を合格させたいのはどの母親も同じ。「受かるママ」と「落ちるママ」の差は一体どこで生まれるのだろうか。富永さんと、1万回を超える受験の相談にのってきた受験ブロガーの鳥居りんこさんに話を伺った。

残り40日で、子供の成績も人間性も急成長させる母親の特徴として「器の大きさ」がある、と富永さんと鳥居さんは語る。試験前は、大人だってそわそわ緊張する。全部落ちたら、などと不安にもなる。だが、そんな心情をグッと自分の胸にしまい、子供のモチベーションが上がるような接し方に徹する「演技派女優」のような母親ということだ。鳥居さんはこうアドバイスする。

「母親は、受験前なのにやる気を見せない子供の態度に怒りが充満していても優しく持ち上げてみたり、逆に順調なときでもあえて尻を叩いてみたり。素の自分、本心とは異なることを、遅くとも本番の1週間前からはやるべきです。基本スタンスは、『いくよ、いくよ。ゴールを駆け抜けろ!』『これまで一生懸命やってきた、あなたなら絶対できるわ』『イザというときに力を発揮できるのが、あなた!』とテンション高めに笑顔で見守ってやることです」

演じ抜く。その決意が不可欠なのである。子供と一緒に合格鉢巻きをしたり、受験スローガンを書き込んだトレーナーを家族全員で着たり、ともに一歩一歩登山をするチームのような連帯感をつくり出して、全員が後悔しない受験を目指すのも意外と効果的だという。

それでも受験初日、残念ながら不合格となれば、「母親は人生最大のパニック状態になる」(鳥居さん)が、そんなときも虚勢を張り、あくまで主演女優として演じるのだ。

「『これをなめたら受かるよ』とあめ玉を渡したり、『これで頭の回転がよくなるのよ』とサプリを飲ませたり。もちろん根拠はありません。でもいいんです。あなたは必ず合格する、と“洗脳”する意気込みです」

緊張をほんの少しだけほぐしてやるだけで子供は変わってくる。そうしたメンタル面が中学受験本番では大きな影響を及ぼすのだ。ただ女優としては受験が失敗したときのことも想定しておくべきだと鳥居さんはいう。

「受験に熱くなる半面、『受験が人生のすべてではない。落ちても命を取られるわけではない』といった冷静さも必要です。情熱と冷静さの二面性を備えてこそ、女優です」

一方、直前でなぜか子供の成績を「急降下」させてしまう母親がいるのも事実。鳥居さんいわく、「沸騰」ママだ。年末年始は競馬にたとえれば第4コーナーを回ったところ。そんなタイミングで騎手的存在である母親はムチ入れはしてもいいが、馬である子供の「走り」が悪くてもイライラをぶつけてはいけない。実際、逆効果だと感じつつ、自分を抑えられない。「これまでやってきたのに、この成績!」と過去問の点数をののしったり、ゲーム機を破壊したりするような母親は少なくないそうだ。

また、こうした冷静さを失った母親のなかには、パソコンの表計算ソフト「エクセル」を操作するかのように過去の複数の模試のデータなどを詳細に分析しつつ、理詰めで弱点克服にのめり込み、かえって子供を追い込んでしまうタイプもいる。

「受験生はまだ12歳。メンタル次第で偏差値にしてプラス10にもマイナス10にもなる。模試による合否判定などのデータは大学受験では効果があっても、中学受験には当てはまりません。

一緒にお風呂にでも入ってリラックスさせたり、お弁当に励ましの手紙を入れたり、絆づくりをしたほうが子供も心強くなる。エクセルママは受験の阻害要因ですが、エクセルパパはもっとタチが悪い。実は、お父さんがしゃしゃり出ると、子供が伸びるものも伸びなくなってしまうことが多いんです」(富永さん)

【合格ママ】ハラワタが煮えくり返っても冷静を保つ「女優」タイプ

×【残念ママ】怒りにまかせて叱咤激励「沸騰」タイプ