英語を話すことが苦手なビジネスパーソン必読!「話せる英語」のための学習方法を紹介しよう。アドバイスをいただいたのは、NHK教育テレビ「しごとの基礎英語」で講師を務めている言語学者の大西泰斗さん。3つのポイントを前向きに取り組めば、英会話の苦手意識は克服できる。

英文資料の読解や英文eメールの処理には慣れてきたが、どうしてもうまく話すことができない。そんな悩みをもつビジネスパーソンは多いが、ビジネスに英語を使う必要性がさらに高まることを考えると、のんびり構えていられるわけでもない。

そこで今回は、東洋学園大学教授の大西泰斗さんに、話せるようになるにはどうしたら良いかについてアドバイスをいただいた。

『一億人の英文法』(東進ブックス)など多数の著作を発表するかたわらでNHK教育テレビの「しごとの基礎英語」の講師も務め、国民的な課題とも言える英語習得に向けて言語学者の立場から尽力しているが、教鞭をとる大学での現状をこう語る。

「英語を読むことはある程度できても、話す、書くとなると苦手な学生が多いですね。これは日本人全体の傾向ですが、さまざまな試みが出てきているものの、改善への決定的な方法論はまだ見つかっていません」

しかし、勉強の方法がないわけではない。同氏は、ビジネスパーソンが英語を話せるようになるために不可欠なポイントを3つ掲げる。

ポイント1
話すための文法を身につけるべき

「これまでに勉強してきたリーディングや文法の知識が、実際に英語を話すときに役立っていないことが最初の大きな課題です。多くの日本人の文法知識は、英文の訳読には役立っても、話すためには役に立たない。話すことに最適な文法を身につける必要があります」

話すために必要な文法とはなにか。それは、これまで身につけてきた文法が、ネイティブの文法といかに違うかを知ればよく理解できるという。
「関係代名詞の入る文章が典型的ですが、日本人は後ろから前へと遡って意味を把握します。一方のネイティブは英文を左から右へ、文章の頭から末尾へ向けて読み、理解します。『I went to school yesterday.』というごく平易な文章でも、日本人は『私は昨日学校へ行きました』と遡って理解するが、ネイティブはそのままの語順で理解しています。

リスニングやリーディングをするだけならこのように語順を置き換えて解読できますが、自分から話すときにも同じような置き換えをすると話がそこで止まってしまう。ネイティブたちの語順と同じように、英語を左から右へ紡いでいくための文法がどうしても必要です」

右へ進むほどに修飾によって文意が開かれていく。それが、ネイティブたちが普通に使う英語の文法なのだ。

「英語は説明のための語句が『後ろ』に置かれます。『I met her at a bar in Roppongi.』という一文は、『彼女に会った』から始め、どこで会ったかを説明するために『バーで』が入り、バーがどこにあるかを説明するために『六本木の』で終わる。こうした右へ右へと展開するのは英語の気持ちと言っていいでしょう。『It's difficult to speak English.』なら、『英語を話すことは』から話し始めるのではなく、『難しいんだよ』から始める。こうした英語の気持ちを、文法を通して効率よく学ぶことが何よりも重要です」

ポイント2
定型句をノートに書きためて訓練を

2番目のポイントは、話すにあたって頭の中で英作文をしないことだという。その理由も極めて明快だ。

「必死で英作文をしている間、脳はフル回転しています。けれど私たちが日頃日本語を使うときに頭をフル回転しているわけではない。すぐに口をついて出る定型句を使いながら、それでも頭は半分くらいしか使わずに会話をしている。これは、アメリカ人も一緒です。そんな彼らと話をするとき、めいっぱいに頭を使って英語を思い浮かべようとしていたのでは、自分が言いたい大事なことを言うために必要な時間を失うことになります」

ここで、活用したいのが、英語の定型句なのだ。

「例えば何かを提案したいとき、普通用いられる定型句は、『I suggest~』や『I propose~』ですが、これらの言い方が、考えることなしに、ほぼ自動で口をついて出てこないといけない。もっと弱く押しつけがましくない言い方をしたい場合には、『It might be a good idea to~』となります。これも決まりきった言い方で、ネイティブの頭の中には、こうした定型句がたくさん詰まっています。むしろ日頃の会話は定型句だらけ。それを知っていれば、口をついて出た定型句を言っている間に伝えたい内容の準備ができます」

では、考えることなしに英語の定型句が口をついて出てくるようになるには何が必要か。

「訓練するしかないんです。定型句に遭遇したら小さなノートに書きとめる。どんな状況で、どんな気持ちを表すときに使うかまで書きとめて、反射的にその表現が出てくるようになるまで覚え込むしかありません。苦労はあります。ですが、十分な定型句を身につければ、英会話は格段に楽になってくるのです」

ポイント3
結論を先に述べて、理由を説明する英語の性質を知る

文法的には100%正しい文章を書き、話してもいるのに、やはりネイティブの人たちの英語とは異なる。そんな感覚を経験した人も少なくないだろう。実はここに、大西さんが指摘する第3のポイントがある。

「日本人が正しいと思う英語とネイティブが使う英語との差がわかれば、より高いレベルの英語を話せるようになる。その違いを習得するために必要な学習事項を、探し出してまとめているところです」

大西さんによれば、例えばアメリカ人が使う英語には、彼らなりの癖があるとのこと。その違いを知らないと効率的な、誤解のないコミュニケーションはできないという。

「クライアントから食事に誘われて、“すみません、行けません”という意味を伝えたいときに、『I'm sorry I can't.』だけではまったく不十分。その後に、なぜならと続けてはっきりと理由を言わなければ多くのアメリカ人は納得しないでしょう。日本人は詳しい理由を詮索しませんが、向こうでは詰めすぎと思えるほど理由を詰める。また、絵画を褒めるときに、色使いが好きだから、あなたの作品は素晴らしい、という順番ではいけないのです。まず、すばらしい仕事だと褒め、その後で理由を説明するべきです。

結論を先に述べ、後で理由や背景を説明する欧米人のこうした習慣について、そのほうが論理的だからだと説明をする方もいます。しかし、論理的には順番は関係ないし、結論と理由の順番が逆のほうが感銘を与えると考えるのがそもそも日本人です。だから、こうした差異については、英語の性質、あるいは欧米人の癖であると考えればいいでしょう」

大西さんの掲げる3つのポイントはいずれも、意識的に取り組む必要がある。結論から始め、後へ後へと説明を展開する言葉の性質を体得するには、テーマをはっきりさせた訓練が効果的なのだ。