役員になれる人と中間管理職で終わる人の違いは、意外と小さなところにあった!エグゼクティブクラスのヘッドハンティングを担う敏腕ヘッドハンター10人が、役員に昇りつめる人たちの共通点を激白する。
マナー■人に対してうるさすぎず、かつ自然にスマートに振る舞えるか

ものを大事にし、「食」を愉しむ

食事のマナーにおいても、役員とそうでない人の差が顕著に表れる。

ヘッドハンターたちは紹介候補者はもちろん、役員クラスとの会食の機会も多い。特に役員クラスに関しては一様に「とにかく好き嫌いなく、きれいに食べる」と口を揃える。

「米粒1つ残さず、箸の先だけを使って、上品に食べる」(リクルートエグゼクティブエージェントで流通系企業を担当する久乗健次エグゼクティブコンサルタント)、「食べることを愉しむ人が多い」(ケンブリッジ・リサーチ研究所でベンチャー企業を担当する丸尾洋祐シニアコンサルタント)というのも共通した意見だ。

「食べ物を残すなど、ものを大事にしない人は、仕事も雑な印象を与える」(久乗さん)と、厳しい意見も。

箸使いひとつでも“育ち”がわかるが、だからといってすぐさま役員候補から外れるわけではない。

「会食のマナーや立ち居振る舞いは、上がきちんと教えてくれる。トップの人たちは、自分が身につけたもの、教えてもらったものは自然に人に返すスタンスがある」とは、リクルートエグゼクティブエージェントで大手メーカーを担当する森博禎ディレクター。上に立つ人々は、「教えてやる」という上から目線ではなく、あくまでも自然に教育するという姿勢だ。

最近は、「食」自体に興味がなく、上司との会食が苦痛という新人も多いが、上を目指すのであれば、食の愉しみを知ることも必要。酒が飲めないため敬遠する場合もあるだろうが、「会食はコミュニケーションの場。役員クラスでも飲めない人はいるので、気にすることはない」(メディカル系大手のエグゼクティブサーチを担当するケンブリッジ・リサーチ研究所、長谷川淳史取締役副社長)のである。特に役員クラスになれば、週7日会食があることも希ではない。自身が接待する日もあれば、接待される日もある。「好き嫌い」を言っている場合ではないのである。

ただし、彼らの多くがハシゴ酒などせず、切り上げ方も早い。

「長引かせず2時間位で終了し、完璧な去り方をされる」(久乗さん)、「オンタイムにはじまり『明日予定があるので』とサッと切り上げる」(外資系企業を担当するロバート・ウォルターズ・ジャパン 岩屋広志朗マネージャー)と時間にはストイックだ。

手入れした靴と正統派ブランドの服

こうしたスマートな人物が役員には多いが、それは身だしなみにも表れているよう。

「美形云々ではなく、見た目の雰囲気がかっこいい。ピシッと背筋が伸び、着こなしもうまい」(日系企業のグローバル人材を支援する、ロバート・ウォルターズ・ジャパン 大山良介人材支援室室長)

特に外資系エグゼクティブで姿勢の悪い人はいないようだが、日系企業でも総じてトップは姿勢がよく、そのうえ、「決して派手ではなく、正統派を愛し、それなりにお金をかけてきちんとしている」とIT系企業を多く顧客に持つキープレイヤーズの高野秀敏代表。

役員クラスが好むのはブランド名が目立たないもの。「ブランド物」より、手入れの行き届いた靴や、サッとメモできるようペンを常に携帯するなどが一流の身だしなみ。ブランドにこだわりすぎるのは「そこそこの人間」である証拠であろうか。

立ち居振る舞いなどはすぐに身につくものではないが、まずは身なりを整え、姿勢をよくすることから始めてみてはいかがだろう。

プライベート■仕事と同じ本気度で、人と運を味方につける

仕事も遊びも本気度が違う

ヘッドハンター10人によると、役員に昇りつめる人たちには、仕事以外にも意外な共通点があるという。

特にIT系ベンチャーのトップでは、「トライアスロン」などの鉄人競技にはまっている人もいるよう。

「“鉄人”までいかなくても“マラソン”をする人は多い」(丸尾さん)。平日、皇居周辺を走り込んでいるトップも多いそう。が、大手企業の役員の「趣味」も中途半端ではない。

「文化的な趣味が多い。歌舞伎、映画などの専門領域でも1冊、2冊本を書けるほどの知識がある」(森さん)、「ゴルフを語らせたら右に出る者がいない。仕事も遊びも本気度が違う」(岩屋さん)と語るほど、1つの趣味を極めている人が多いよう。

彼らの多くが24時間365日仕事に没頭した経験を持つ。ステージが上がるにつれ「ワーク・ライフ・バランス」にシフトしてきたのだ。

「仕事が趣味」と言っているうちは、ただのプレーヤー止まり。一流のマネジャーを目指すなら、趣味も極めなければならないのである。

存在自体がソーシャルメディア

また、オンオフ限らずネットワーク構築のため、SNSを利用する社会人は多いが、使い方によってここにも一流と三流の違いが出る。

巷を騒がせている若者のように、結果を考えず発信するようでは一流にはほど遠い。SNSも戦略を間違えればただの“スパム”。先々を考えて、戦略的なアプローチが必要だ。

「ネットワークの広さ如何で仕事の機会も変わるが、常に情報が届けられる立場」、しかも「存在自体がソーシャルメディアのよう」と、岩屋さんが言うように超一流の人々の下には、有益な情報が常に入ってくる。

役員にまで昇りつめた人を、「あいつは“運がいいから”」と簡単に片付けてしまう人もいるが、「運」とは、そこに至るまでの行動が支えているといっても過言ではない。

「部長クラスでは、立場や人の目を気にしすぎて、あまり発信しない人も」(高野さん)という。これでは「運」がやってくるどころか、「運」に見向きもされないのではないか。

「必要なのは、『想像力』。その場その場の利害関係でなく、未来を見据える力。情報も取りっぱなしで自分の情報を出さないような人は、結局評判が下がり、出世で負ける」とケンブリッジ・リサーチ研究所、代表取締役社長の橋本寿幸さんは語る。ギブ&テークの姿勢はSNSでもビジネスでも同じ。

「まず“ギブ”を考える思考の人が、最終的にはいいポジションを“テーク”しています」(長谷川さん)“ギブ”の上手な人は往々にしてクライアントやヘッドハンターとのネットワークづくりもうまく、それが俗に言う「運」につながっていくのだろう。感謝もせず、困ったときにだけコンタクトするような人間では、「運」は逃げていくのである。