鈴木直道(すずき・なおみち)
北海道夕張市長。1981年3月、埼玉県生まれ。99年に東京都入庁。働きながら法政大学法学部を2004年に卒業。在学中は体育会ボクシング部で主将を経験。08年、夕張市へ派遣。内閣府地域主権戦略室への出向を経て、10年11月に退職。11年4月から現職。13年、「ダボス会議」の世界経済フォーラムによりヤング・グローバル・リーダーズ(YGL)に選出。

若い世代を対象にした「岩波ジュニア新書」の1冊。出版前に大人向けのレーベルとジュニア新書のどちらがいいですか、と版元から打診があったという。しかし「高校生にメッセージを届けたい」という思いから、この形での出版に落ち着いた。

「昨年の『子ども・若者白書』では、何のために仕事をするのかという問いに対して『自分の夢や希望を叶えるため』という答えは15%しかありませんでした。圧倒的に多いのは『収入を得るため』と『自分の生活のため』。若者は安定ばかりを望んでいる。それでいいんですか、ということを伝えたかったんです」と著者・鈴木直道はいう。全国唯一の財政再生団体である北海道夕張市に誕生した、全国最年少市長の手記である。

鈴木は安定した東京都職員の身分を捨て、財政破綻の町・夕張の未来を切り開くために「年収200万円ダウン、退職金なし」という悪条件の仕事に勇気をもって飛び込んだ。安定よりも夢を追え、というのは体験がいわせた本音だろう。

当時の石原都政が打ち出した「首都公務員」の発想から、財政困窮化の最先端である夕張市に職員派遣が行われたこと。たまたま派遣要員に選ばれ、1年勤務の予定を志願して2年に伸ばしたこと。その中で絆を深めた仲間たちから、地元再生の夢を託され、勝てる見込みの少なかった市長選に「出てほしい」と懇請されたこと……。今につながるこうした出来事に加え、鈴木自身の生い立ちや、学生時代についてつづられている。

結びに近いところに、講演を聞いた高校生から「政治に興味をもつにはどうしたらいいですか」と質問を受けたエピソードが出てくる。鈴木の答えは「今やっていることを一生懸命、頑張ってください」。なぜか?

「スポーツでもボランティア活動でも、一生懸命に取り組んでいれば何らかの不都合や理不尽にぶつかります。それを解決するにはどうすればいいか。1人で行動したり仲間と力を合わせたりするでしょうが、そのことが政治につながるのです」

2月9日。こう語る鈴木の姿は豪雪の福島・裏磐梯猫魔ホテルにあった。200人を超える各界の若手リーダーが交流する勉強会「G1サミット」に招かれたのだ。鈴木が見つめる壇上には、衆議院議員の小泉進次郎やライフネット生命副社長・岩瀬大輔の姿があった。千葉市長の熊谷俊人ら若手首長たちも壇上に熱心な視線を送っている。

鈴木がいうとおり「夕張の姿は未来の日本の姿」だろう。不都合や理不尽をどう解決するか。若い力が、動き始めている。