中国は今日、私たちが想像できるかぎり、最も残酷で、非人道的で、感傷を排除した資本主義を内包している。中国の自国民から搾取しているのだ。内陸部のこれまでもずっと貧困地帯であった地域から労働力として、故郷よりは高い賃金を与えるからと都市部に連れてきているのだが、賃金が約束どおりの時期に払われないこともあり、ときにはまったく支払われないこともある。労働者の健康や安全は一般に無視され、社会福祉のセーフティーネットなどほとんど存在しない。労働環境など、企業のコスト計算にはまったく含まれない。経営者の態度は、たいていの場合無慈悲であり感傷のかけらもない。彼らにとり重要なのは、望むらくは目標時期よりも前に、しかも予算よりも安いコストで、仕事を完了させることである。

中国が示しているものは、資本主義の最も未熟な形である。