製薬業のジレンマは、仮に研究開発が成功し夢のような薬が生まれたとしても、世界中の主要市場でそれを販売するのに十分な規模の営業部隊が自社にはないという状況に陥ってしまうことだ。そうなると、膨大な研究開発に対する投資の償却が思うようにはいかない。その逆に、販売すべき薬品がない場合であっても、高額な人件費を負担して営業部隊を保持しなくてはならないという事態も起こりうる。

製薬業界のように、高い固定費をカバーできるだけの規模を追求することが求められる産業にとって、これは共通した問題である。だからこそ、戦略的アライアンスを追求し、時にはそれをさらに一歩進めて、クロスボーダーの合併を求めなければならない。