人口減少と国内マーケットの縮小は、イコールで結ばれるものなのでしょうか。

「そんなの当たり前だろう」と言う人はまだ先入観が邪魔をしています。

あなたは“国内マーケット”という言葉を真っ正直に捉えすぎてはいないでしょうか。

私はボーダレス経済論者です。「ボーダレス」とは、「日本だけで考えない」ということです。

「アジア全域が経済的に一つのものである」、つまりアジア全体を“第二の国内マーケット”と考えてみるのです。