また番組中にはBBT大学大学院のリアルタイム・オンライン・ケーススタディ(RTOCS)」と連動した解説コーナーがある。RTOCSでは、現実の企業が今まさに直面している問題が対象となって出題される。

「あなたがニコンの木村眞琴社長だったら、かつてのトップ商品が万年2位となってしまった現状をどのようにして打開するか」

「あなたがIAT(インターナショナル・アプリケーション・テクノロジー)の宣奇武董事長とすれば、世界の自動車産業を根本から変え、新興自動車メーカーが主力に躍り出るために何をするか?」

毎週日曜日夜にこのような問題が出題され、BBT大学大学院の学生は一週間以内に答えを出さなければならない。