ガス価格の低下で台頭してきたのが、「ガス・トゥー・リキッド(Gas to Liquids)=ガス液化油」を利用したビジネスだ。

石油を原料とするペトロケミカル(石油化学)の世界では、原油からさまざまな生成物を作り出している。「クラッキング(接触分解)」という方法で、沸点の違いを利用して沸点の低い順からナフサ(粗製ガソリン)、灯油、軽油、重油を取り出す。さらにナフサをクラッキングするとエチレン、プロピレン、プチレン、ベンゼン、トルエン、キシレンなどの化合物が得られる。それがナイロンやポリエチレンなどの化学繊維の原料になり、最終的には衣服やストッキング、各種のプラスチックやタイヤなどの製品が生み出される。

これに対して「ガス・トゥー・リキッド(GTL)」は、天然ガスを一酸化炭素と水素に分解して合成ガスを作り、ガスを化学合成(重合)することで、文字通り、ナフサや灯油、軽油などの液体燃料を作り出す方法だ。