福島第一原発事故後、全国の原発が次々と停止したため、日本のエネルギー・電力の需給環境は“非常事態”で、政府のエネルギー政策は迷走している。

「3.11」以前、電源構成の37%を占めていた原子力がほとんど使えなくなった。そのため火力中心のエネルギー構造となり、燃料輸入が1日当たり100億円も増加して日本の貿易収支を押し下げているのだ。