もそもエネルギー政策というものは、高度の専門知識が必要で、長期的かつ地政学的な視野に立って戦略を策定しなければならない。ところが民主党政権は国民に十分な情報を与えないで、「30年の原発比率は、0%、15%、20~25%、さてどれがいい?」と選択肢だけを提示したのである。

そのため、半数近くの人が「原発ゼロ」を支持する結果となった。これは原発事故の余韻が日本を覆っている状況だったから当然だろう。これについて、民主党の幹部に問い質したところ「日本人だから、3択を与えたら真ん中を選ぶと思っていた」というのだから、全く呆れるほかない。