中国でどんな事業をすればよいかということも、実は悩む必要はありません。日本でかつて流行ったものはすべて、これから中国で流行るはずだからです。日本が5千ドル経済に達してから(1964年)、1万ドル経済に至る(1979年)時代に何が売れたのかを思い起こし、中国市場向けにアレンジしてやれば、成功する確率は極めて高い。

たとえばピアノやバイオリンといったお稽古事です。