ヤマハの音楽教室はまさに高度成長期に大きく生徒数を伸ばしました。現在ヤマハはインドネシアで大成長を遂げていますが、05年からはいよいよ中国展開も始めましたから、上海など都市部の中産階級が、子弟にこぞってピアノを買い与えるでしょう。(ちなみに、面白いことに、こういうお稽古産業は1万ドル経済を越えると勢いを失います。人間、お金持ちになると、辛抱強くピアノのレッスンをするより「晴れたらテニスをやりたい」「冬はスキーに行きたい」と、よりストレートな欲望に流されるということでしょうか。)