テレビとインターネットを区別する必要はまったくなくなり、チャンネルが限りなくタダに近づいてゆくという意味で「放送とITの融合」が起きる。その時代にあっては、地上波のテレビのチャンネルを一つや二つ持つことなど、ほとんど意味をなさなくなります。またCMで稼いでいる今のテレビ局の経営は、急速に苦しくなるでしょう。

一方で、優良なコンテンツは圧倒的に足りなくなります。

通販番組とアダルト番組くらいしかまともに採算が取れていない、という現在の日本のCS放送の状況では、ブロードバンド時代におけるコンテンツが絶望的に不足してゆくことは間違いありません。

CNNが我々に示してくれたのは、世界中のメディアでチャンネルが余っている今、良いコンテンツさえ持てば世界を相手にビジネスを展開できるということです。それが「放送とITの融合」する時代がもたらす事実です。