1998年のクリスマスは、私の記憶の中では、ポータル記念日として際だっている。それは、eコマースが実際にうまくいくのだ、という驚くべき事実が実感されたときであった。この年のクリスマスは、幸福感に満ちたものだった。クリスマスというのは、混雑の中での忙しい買い物の時期であり、その後には1月の値引セールがあり、しばらくすると売上げの落ち込みが続く、というのが通常の商品販売の波のパターンである。ところが1999年は新年の数週間を過ぎても、インターネット上での買い物客の流れはとぎれることがなかった。