集積の中の集積と呼べるものが北イタリアの、特にポー川の南側のエミリア・ロマーニャ州に存在している。モデナの町に、高速スポーツカーのメーカーが集まっているのである。この町には、ランボルギーニとマセラッティの生産本部があり、隣接するマラネロはフェラーリの自動車組み立て工場の故郷である。パルマには有名なチーズメーカーの集積がある。

同様に、その近くのカルピには、ニット衣料メーカーが多数集まっている。カルピは地元企業の比率が高く、住民の12人につき1社の企業が存在していることになる。住民人口わずか6万人のカルピのどの企業をとっても、ニット衣料に関係した何らかの役割を果たしているのである。どの企業も従業員は15人に満たないが、全体をまとめるとカルピはニット生地ではメッカのようなものであり、最新のファッションを入手しようと、バイヤーやデザイナーが世界中からここに集まってくる。