当時首相であった朱鎔基がさらに過激な改革を1998年に打ち出して以降、地方に決定を任せる傾向はいっそう顕著となった。同時に、各都市の市長や官僚のボスたちが理解したのは、おのおのが担当する地域の経済成長率が2年続けて年率7パーセントを超えなかった場合には、自分たちがクビになるということだった。ニューヨークのマイケル・ブルームバーグ市長、東京の石原慎太郎都知事、ロンドンのケン・リビングストーン市長がこのような制約を課せられた状況が想像できるだろうか。