フィンランドの国内市場規模は、わずか500万人にすぎない。米国の大都市の人口にも及ばないのだ。しかし、フィンランドの成功は、国内ではなく目を外に向けることから生まれた。2003年のノキアの売上げのうち、フィンランド国内売上は1パーセントにも満たない。こうしたグローバルな成功の事例は、珍しいものではなくなってきている。たとえば、グローバルなニッチ市場で成功を収めているデンマーク企業には、補聴器のウィリアム・デマント、食品添加物のダニスコ、発電用風車のヴェスタスとNEGミコンなどがある。