なにしろ中国は「敵がいないと困る国」です。

チャイナ・ウォッチャーの間では、中国では04年だけで20万件ものストライキやデモがあったと観測されています。農民が地主に土地を取り上げられたとか、都市では給料の不払いなどが原因だといわれています。もちろん報道はされませんので、検証のしようもないのですが、水面下でありとあらゆる不満が渦巻いていることは間違いありません。

こうした不満を逸らし、北京に国民の批判の目を向けさせないために、中国政府は国外に敵を必要としています。