グローバル・エコノミーから最大の利益を得ている国は、おそらく中国である。中国は本書を執筆している時点で世界第2位の外貨準備(4320億ドル)を保有しており(ちなみに1位は8170億ドルを保有する日本)、国内貯蓄額は2兆5000億ドルにのぼる。中国がグローバル・エコノミーの成長速度を決めているといっても過言ではない。(訳注:2006年3月末で中国の外貨準備高は8751億ドルで世界一となっている。同時期、日本は約8520億ドル)