OECDはまた、スウェーデンが世界で最も「知識ベース」経済のひとつであるという推計結果を発表した。研究開発投資、政府および民間部門による教育、それにソフトウェア開発を足し合わせた、スウェーデンが知識の習得と開発に投資した額はGDPの6.6パーセントにのぼる。