CNNは次々に供給先を広げていき、「ニュースといえばCNN」というイメージを、85年までには確立していました。5年間でアメリカのトップについてしまった。「幕の内弁当」的な3大ネットワークに対して、ニュースという「一品料理」で挑み、圧勝したわけです。