2013年5月10日(金)

痴漢冤罪「この人です!」と騒がれたら、まず何をするか

一生を棒にふるトラブル【痴漢冤罪】

PRESIDENT 2011年12月19日号

弁護士 野澤 隆 構成=渡瀬裕哉 撮影=坂本道浩
1
nextpage

99%有罪!正義などない

万が一、電車で痴漢をしていないにもかかわらず、痴漢をしたと糾弾されたとき、どうすればよいのでしょうか。

あくまで私見になりますが、一番おすすめできないのは、公開の法廷の場で徹底的に無罪を主張して戦うことです。あなたは、有罪率99%とも言われる裁判で「絶対に痴漢をしていない証拠」を示す必要があります。また、起訴後も身柄拘束されているとなれば、裁判の結果が出るまでの長期間、会社勤めもできず、社会的に抹殺されてしまうことも多いのです。冤罪が証明されると大々的に報道されることも多々あるので、戦ったほうがいいと思っている人もいますが、痴漢冤罪に関して、正義はないと考えてください。

では、どうすればよいか。

図を拡大
痴漢冤罪から、いかに日常生活を取り戻すか

まず、確率論から導き出される合理的な結論の1つに「その場から走って逃げる」というものがあります。あなたがどう抗弁しようと、自分が痴漢でないと証明するのは極めて困難です。逃げて警察に捕まる確率から考えても、その選択肢が一定の説得力を持っているのは間違いありません。

しかし、逃げられない場合はどうすればよいのでしょうか。

まずは、騒動になったその場で、感情をむき出しにして、徹底的に怒ったほうがよいでしょう。

最大のリスクは第三者による証言が出てくることです。特に利害関係もない男性が「この人、お尻を触っていました」と証言されると決定的な証拠になってしまいます。そこで、怒鳴り散らすなりしながら「俺はやっていない。何を言っているんだ、こいつ」という態度を取り続ける必要があります。この人に関わったら面倒なことが起きると考えれば、大抵の人は、ここで騒動から回避する行動を取ります。

警察官が呼ばれた段階でやってはならないことは、警察署への任意同行に最初から黙って従うことです。警察署へ行ってから容疑を否認し続けると、1週間から10日間程度拘束されることはよくあります。この間は仕事に行くことはできないので大変なことになります。会社にバレたらクビを覚悟しなければならず、ここからはギリギリの戦いが始まります。

PickUp