私は沖縄に対してかねてより東シナ海の首都になれ、という「ユイマール・ビジョン」を提案している。沖縄の経済的自立に加えて、外交の自立を認めるのである。そうすれば、東京は北京とのみ付き合っても、沖縄は台湾と直接外交関係を樹立すればいいのだ。これは日本からみても沖縄問題の解決の切り札となり得るものだ。