[1]企業は社会的機関として社会的な責任があることを法的に明示する。[2]企業は、顧客、従業員、下請け・外注会社、資本家、銀行、コミュニティーといった様々なステイクホールダー(利害関係者)の利益を調整し、長期的に最大化することを目的とする。(平成維新の会「日本を変える法案集」78)