[1]家族を最重視する社会を実現する上で、一定の条件を満たす人は3歳以下の子供を国籍を問わずにアダプトできるようにする。[2]養子はすべての点で家族の一員として、あるいは社会人として対等に扱われなくてはならない。(平成維新の会「日本を変える法案集」75)