[1]紙・木材、アルミニウム、鉄など、日本で少ない有限資源を保存するために、社会的なコストを払ってリサイクルを推進する。[2]リサイクル品の方が新品よりも高価な場合には、その差額を平準化するべく新品の価格と混合平均したものとする。(平成維新の会「日本を変える法案集」74)