企業が終身雇用者に対して、10年間の勤務につき3カ月間の有給休暇を付与することを義務づける。(平成維新の会「日本を変える法案集」72)