国内および海外における業務、私生活上の経験などを学校での受講と等価換算し、場合によっては資格の提供も行う。たとえば、病院での介護経験、家での育児経験を看護学校の授業と等価換算し、これを受講単位として認定する。(平成維新の会「日本を変える法案集」70)