[1]大学受験を廃止し、入学希望者全員に入学を許可することで教育の機会均等を保障する。[2]希望者が多く教室に入りきれない大学の学生は、自宅でマルチメディア(双方向)のパソコンネットでハイテクの授業を受ける。よりハイタッチな授業を望む学生は、空いている大学に入学をして、教室で授業を受ける。(平成維新の会「日本を変える法案集」69)