[1]金銭的余裕のある年金対象年齢者に、一定期間、年金受取を辞退できる制度を設ける。[2]辞退者は辞退した年金の用途として、国家救済(国債償還)、国際貢献、もしくは道州またはコミュニティー振興いずれかの基金に寄付することを選択、指定できる。[3]辞退期間(1年、5年、一生)に応じて、石碑に氏名を残すなどの褒賞を与える。(平成維新の会「日本を変える法案集」63)