連邦制度は最初から多様性を認めた、非常にフレキシブルな国家運営形態であり、0か1ではなく0.3とか0.7を認める「アナログ思考」の賜(たまもの)だと言える。