日本の場合、同等の労賃が、20万~25万円だから、ベトナムとは50~60倍の差がある。労働集約型の組み立て産業や縫製過程で人件費に50倍以上の差があったら、まったく勝負にならない。ベトナムの労賃は英語が話せると最低賃金より15ドル上がり、コンピュータが使えるとさらに15ドル上がるが、両方できても月給は65ドル=約6500円にすぎない。これは脅威だ。