韓国には“韓国にしかないもの”が、ほとんどない。私は韓国で何回も講演しているが、会場で「韓国でしか採れないもの、韓国でしか買えないものがあったら言ってほしい」と聴衆に問いかけても、誰も手を挙げない。出てくるのはせいぜい青磁陶器と毛皮ぐらいだ。しかし、それで4650万の国民を食べさせていけるのか。将来、北朝鮮の2200万人も面倒を見ることになれば、合わせて6700万人。それだけの人口を食べさせていくための準備は何もできていないのが実情なのである。