とくに日本の場合は一生における収入と資金ニーズがアンバランスで、最もお金が必要な35~45歳が一番苦しく、お金が要らない老人になってから収入が増える。日本人は80歳で死ぬと平均3500万円を墓場に持っていくという、もったいない人生を送っているのだ。