シンガポールは私の好きな国のひとつだ。またリー前首相(現上級大臣)も大変尊敬している。私はいつも彼の「300万人をどう食わしていくか」という設問に接する度に、この政治家の基本姿勢に共感するのである。土地も、資源も、水さえもないシンガポールが国としてやっていくのは大変なことだ。30年前にマレーシアから独立して苦悩の連続であった。あらゆる経済学者に、もうこれでシンガポールも終わりだ、と言われてから20年になるが、いまや1人あたりGNP(国民総生産)2万4000ドルの押しも押されもせぬ「先進国」だ。