21世紀の先進国は、7~8割の人をエリートにしなければいけない。となると日本の場合、本当は大学は現在の5倍ぐらい必要になる。

ところが、先に述べたように、もはや日本の大学はエリートを養成することができない。これが大きな矛盾である。大学の先生そのものが現実から遊離した存在であり、いまだに19世紀の古いノートで教えている。21世紀にどうやって飯を食っていくかという実学を教えられる先生がいないのである。しかし大学(院)の数だけは5倍ぐらい必要になるという、極端に矛盾した状況になってくる。