名経営者ジャック・ウェルチの後任としてGEを2000年から率いるのがイメルトCEO。9.11をはじめ度重なる危機に直面しながら、人一倍の情熱と勇気ある決断力でウェルチ時代よりも売り上げ・利益を大幅に拡大させた。その人物像と経営の実際の記録が本書である。

GEは多様な事業分野を手がけつつ、数十年にわたり成長を続けてきた。われわれ総合商社にとっても見習うべき点が多い。昨夏、来日中のイメルト氏と面会する機会があったが、本書に描かれるとおり、とにかく前向きでポジティブ。苦難の先には必ず明るい明日が待っていると考える人物だ。大震災で危機的状況にある今の日本においてこそ、読み返したい本である。