ビジネスマンファッションのクールビズ化が一気に進行しそうなこの夏、足下も涼しさを増しそうだ。カジュアルなスタイルに合わせやすく、商談の場にもふさわしく、それでいて蒸れにくいクールビズ仕様のビジネスシューズの人気が急上昇している。

いやーな臭いのもとになる靴下の蒸れ防止に効果的。上/水は通さず湿気だけ逃がすソールを装着した「リーガルGEOX」。下/蒸れた足指部の空気をかかと方向に循環させる通気路を靴底に設けたアシックスの「ランウォーク」。
写真を拡大
いやーな臭いのもとになる靴下の蒸れ防止に効果的。上/水は通さず湿気だけ逃がすソールを装着した「リーガルGEOX」。下/蒸れた足指部の空気をかかと方向に循環させる通気路を靴底に設けたアシックスの「ランウォーク」。

注目株の一つは、伊・GEOX社のソールを搭載した「リーガルGEOX」。靴底に設けられた水の粒子よりも小さな穴が湿気を逃し、水は通さない設計だ。リーガルシューズ八重洲地下街店では5月に入り売り上げは前年比110%と絶好調。店長の岡勇人氏は言う。

「節電対策で洋服を替えざるをえないが、足下はどうしたらいいのかと相談されることが多いですね。これまで若い男性は機能よりデザインを優先する傾向が強かったのですが、足蒸れは男性に共通する悩み。若い人向けのデザインが増えたこともあって、機能性へのニーズは全体に高まっています」

通気性とクッション性を高めたアシックスの「ランウォーク」も、東日本の直営店(歩人館)では前年比2桁以上の実績で推移している。足指部の蒸れた空気を外へ出す通気孔と、蒸れた空気を温度・湿度ともに低いかかと方向へと循環させる通気路を靴底に設けた特殊構造の紳士靴だ。靴専門店チェーンを展開するチヨダも靴底に6カ所の穴をあけたPBを発売するなど、選択肢は確実に増えてきた。

だが、機能性が高いだけに使用には多少の注意が必要だ。リーガルGEOXのソールの足蒸れ防止効果は半永久的ではなく、磨耗するにつれて弱くなる(底の貼り替えは有料で可能)。ランウォークは足場の悪い道で履くと靴底に土や小石が詰まったり、豪雨時には雨が染みこむ可能性がある。2日続けて履かない、天気や道を選ぶなど、靴の基本的な履き方や習慣を身につけて、高機能を賢く長持ちさせたい。