[1]各道州に国際線の離発着が可能な空港を建設し、日本の国際線を現在のハブ型から、欧州のようなネットワーク型に転換する。[2]入国審査官や税関審査官は、他の職業(たとえば学校教師、消防士)との兼業を可能にする(「公務員多能工化法」との組み合わせ)(平成維新の会「日本を変える法案集」59)