[1]深度10メートル以下の地下を公用地とし、議会の承認により、民間への補償を伴わずに、公的利用を可能とする。ただし、特定地域は除く。[2]上記の特定地域とは、新宿など大商業地域ですでに10メートル以下にまで民間の使用が進んでいる地域などを指す。ただし、これらは民間が公用地を借りていると解釈する。[3]地下鉄などの建設により地上への騒音の問題が生じる地域は、防音材などを使用することで解決をはかる。(平成維新の会「日本を変える法案集」58)