法(公共工事時限法、土地集約的利用促進法関連法案)>[1]地上げによる立ち退きの際、土地の売却は理論的にリーズナブルな(納得できる)価格設定によって行われるか、ないしは等価と判断された他の土地と交換されるようにする。[2]公的認可のおりた地上げに対して、立ち退きを拒否した者には、その間の機会費用損失分(金利分)を負担させる。(平成維新の会「日本を変える法案集」54)