[1]乱開発による自然破壊を防ぐ。[2]残すべき自然(海岸線、河川、山など)を指定し、これらの地域における工事を大幅に制限する。[3]ある工事を行う際には、その工事が他の地域の残すべき自然に悪影響を与えないことを確認する。[4]従来これらの工事に向けられていた予算を削減し、税金の無駄遣いを減らす。(平成維新の会「日本を変える法案集」52)