[1]宅地、緑地といった土地の使途指定(ゾーニング)を現状より厳格に運用する。時間軸の制約を設け、その期間内に使途指定に合致しない場合は、立ち退き等も要求する。[2]ゾーニングを決めた上で、その土地の指定使途の範囲内では、使い方を自由にする。[3]こうしてゾーニングの中での土地の有効利用度が上がり、流動性も高まる。(平成維新の会「日本を変える法案集」51)